読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もぽれぽれ

「ポレポレ」とはスワヒリ語でのんびり、ゆっくりという意味です♡

病と老いは気から

健康で長生きするということ、それはなかなか難しいことです。

昨年、92歳になる義父は認知症でケアホームに入所し、89歳になる実家の母は9月から寝込むようになってしまい、二人ともそれまで本当にしっかりしていたのですが、老いは一気に来るものなのですね。

この歳になると、年末は喪中のお知らせが増え、さすがに健康で長生きしている親の方が減ってきているのは事実ですが、自分の親にだけはなんとかいつまでも元気でいてもらいたいと思ってしまいます。

私の実家は、昔ながらの古い家なので、真冬になると家にいても冷え込みが厳しく、寒い廊下を歩かせて、真北で足場の悪い浴室で母を入浴させることは不可能だと判断しました。そこで、兄とよく話し合い、兄にクルマで母を連れてきてもらい、私がひとりで母を入浴させるということになりました。

私は浴室に専用の椅子を置き、また更衣室にも椅子を置いて手すり代わりにつかまってもらえるように工夫をして、最近ようやく上手に入浴させることができるようになってきました。

ただ、一昨年くらいから母は自分で足の爪を切ることをやめてしまったので、恐ろしいほどの巻き爪になっていて、そればかりは私ではどうすることもできなくなっていました。

インターネットで色々と調べたら、実家のすぐ近くにフットケアサロンがあり、電話してみると出張もお願いできることがわかりました。ドイツ式の爪切りで爪をカットした後、歯医者さんみたいな水の出る小さいドリルで爪を削ります。いわゆるネイルサロンのお手入れとはちょっと違います。こういうサービスを知っているのと知らないのとでは、年老いた母のQOLがずいぶんと違ってきますよね。

今日は、先日、我が家で入浴介助して、その後実家で訪問フットケアを受けた日の出来事を漫画にしました。

寝たきりになって、すっかり考え方がネガティブになり、お世話をしていると常に自分はもうダメだと言い続けていた母だったのですが。。。

f:id:poremoto:20170114001559j:plain

じゃーん!

氷川きよし様には、本当にパワーを頂いております。夜は早く寝てしまう母ですが、この間の紅白歌合戦も、氷川きよしはトリのひとつ前だったので、母は頑張って最後まで見ていたそうです。氷川きよしのことになると、自分の寝たきりの生活をすっかり忘れてしまうし、孫の結婚式よりもパワーのスイッチが入ります!まったく、恐れ入ってしまいます(笑)

結婚式も、明治座の公演もどちらも行けるといいですね。