読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もぽれぽれ

「ポレポレ」とはスワヒリ語でのんびり、ゆっくりという意味です♡

母の落とし物

高齢の親のこと 家族

最近気づいたのですが、お腹に脂肪も筋肉もなくなってくると、ウエストのゴムが内蔵を直接圧迫して、細身の下着やパンツははけなくなってくるんですね。母は高齢で食が細いために35キロあるかないかなのですけれど、そういう身体のため、下着も上にはくパンツもゆるゆるとゴムがのびきった状態のものをはいてます。

家にいる時は、そういう格好でも仕方がないとあきらめていましたけれど、外に出かける時も普段着のまま着替えるということを止めてしまった母。それほどファッションにかまう人でもありませんけれど、身だしなみ程度には身ぎれいにして外出していたのに。そういうことを気にかけなくなって来たというのも、老化が進んでいたということなのでしょうか。すべてにおいておっくうがるようになっていました。

今日の漫画は、つい8月、母と私とで病院に行った時のことです。

f:id:poremoto:20161026163045j:plain

この時は、まだシルバーカーを押しながら歩けたんですよね。寝込むと一気に老化が進んでしまうと聞きますけれど、本当にそうで足腰弱ってしまった母は、もうどこにも行きたくないと言い張ります。病院すらも。

歩くのも、椅子に腰掛けるというのも、腰が痛くて無理というので、相当、腰の状態が悪化してきたのだと思います。

今、母はほとんど毎日寝たきりですが、トイレだけは頑張って歩いて行ってます。せっかくポータブルトイレを買ったのに、母は使おうとはしません。兄嫁に、トイレの掃除をさせるのは悪いから嫌だと。

平幹二朗さんが、お風呂で倒れて亡くなったんだよ。真夜中にトイレにいって、体調に異変が起きたら倒れて、トイレどころかオムツになっちゃうじゃない。そしたらもっと嫌でしょう?真夜中だけはポータブルトイレを使ってちょうだい」

と私が懇願すると、しぶしぶ、じゃあ、寒くなって来たらねと言いました。

何でも自分で出来た人というのは、誰かに頼るということを悪いことと思っています。そんな気丈な母なので、もし介護認定を受けたとしても、おそらくデイサービスにも絶対に行かないと思います。私自身も母がデイサービスに行ってほかの方達と歌を歌ったり、絵や工作を楽しんでいる様子を想像することが出来ません。たとえ寝たきりの認知症になっても、母の生き方を尊重してあげるには、どうしたら良いのかと、今、考え始めています。