今日もぽれぽれ

「ポレポレ」とはスワヒリ語でのんびり、ゆっくりという意味です♡

おばあちゃんと犬

先日実家の母に会いに行った時、離れて暮らしている姪が、まだ飼い始めたばかりの赤ちゃんの犬を連れてやって来ました。まだ家から外に連れ出したことがなかったので、その日はお披露目と同時に、ひとに慣らす訓練も兼ねてクルマに乗せて来たのでした。

 

マルチーズとトイプードルのハーフ犬で、3月3日にやってきたということでオスだけれどもミミちゃんという名前。今日の漫画はその時のお話です。

f:id:poremoto:20190315002120j:plain



実家には、兄のところに、中学出てから高校には行かず絵の教室に通っている末の息子がいるのですが、その子が動物大好きで、ある時どうしても犬を飼いたいと言い出しました。家にひきこもって外でひとと触れ合うことが苦手な子でしたが、ペットを飼うことで朝早起きして散歩に行くことと、餌代のためにコンビニで働くことを条件に、コーギー犬を飼うことになりました。

 

ただ実家の母はとてもきれい好きなので、ペットを飼って家の中が汚れたらきっと怒るだろうからと、おばあちゃんの許可を得ることなく、二階でこっそり飼い始めました。

コーギーはそれはそれはおとなしい犬で、誰が家に入って来ても決して吠えることがなかったので、二階の甥っ子の部屋で飼っているコーギー犬に、さすがのおばあちゃんも気づくことはありませんでした。

その後、母の容態が悪化して全くの寝たきりになってしまったので、認知症はさらに進行していき、最近起こったことはどんどんと忘れてしまうようになりました。

わりと大きな実家ですので、二階で飼っている犬と母が遭遇することもあまりなかったのですが、そのうち、母も元気になり二階にも上がれるようになったのですけれども、母の目の前に犬がいても何故か気づかないようで、それはなんとも不思議といえば不思議なのですが、犬が家の中にいるとは信じていないため、母の記憶に犬の存在は定着されないようでした。

そんなところに、姪がまだ産まれてまもない生後3ヶ月のふわっふわ、モフモフの可愛いベビー犬を連れて来たら、母はさっと手を出して抱き上げながら「私が犬好きだってことがわかるのねえ」と言ったのには、私たち驚かされました。しかも、兄や私がまだ生まれる前に、この家で犬を飼っていた時代のことまで思い出したのですから、母の脳に電流が走ったことだけはたしかなようです。

ところが、二階で飼っているコーギーのコイチの存在だけは、やっぱり認識できていないようでした(笑)

最近ケアホームでは認知症の入所者のためにセラピー犬を飼っているところも多いようで、現に義父のケアホームも去年までは可愛いビーグル犬が受付にちょこんと座ってました。

今回のように、直に可愛いベビー犬と接したら認知症のせいか喜怒哀楽の表情が乏しくなってきていた母がとっても嬉しそうな顔をして、しかも昔の記憶を思い出し語ったりしたので、犬のセラピー効果はたしかにあるものだなと実感しました。

この先、姪が時々クルマに乗せてミミちゃんを連れて来てくれたら、おばあちゃんは今よりももっと元気になるような気がして、私もとても嬉しい気持ちになりました。

 

結婚15年目の新婚夫婦?

「這えば立て立てば歩めの親心」(生まれた子供が這うようになれば、親は早く立たないかと思い、立つようになれば早く歩くようにならないかと思うこと)ではありませんが、子供が生まれてからというもの、はやる気持ちにかりたてられたものです。そして、ある程度大きくなってくると、今度は子供の世話からいち早く解放されて、子供の生活に追い立てらず自分だけの自由な時間がほしいなどと思ったりして、実に勝手なものですよね。

 

私も子供が授かった時から、お腹の中で成長していく喜び、生まれてすぐにオッパイをあげる喜び、少し成長し目が合って微笑みを返してくれた喜び、歩くようになった喜び、おしゃべりができるようになった喜び、おもちゃで遊ぶようになった喜び、幼稚園・学校にあがる喜び・・・と、ずいぶん長いこと、楽しませてもらいました。育児に追われている真っ最中は先が見えない大変な時期もありましたが、過ぎてしまうともう少し子育てのひとつひとつをじっくりと味わえばよかったなあと反省もしています。

 

さて、今月、息子が家を出て自活するようになり、娘も数年前から出ているので、ついに夫婦ふたりの生活になりました。地方の親御さんだと子供の進学で都会に送り出した時から親元を離れてしまうのだから、もっと早くに夫婦ふたりの生活になってしまうのでしょうね。

私たちの場合は、再婚でしたので、夫婦ふたりの生活というのはなかったので、常に子供がいる状態からのスタートでした。ですから、新婚生活も家族4人だったわけで、そういう意味で、夫婦ふたりになったのは、これが初めてというわけです。

f:id:poremoto:20190228212024j:plain

いざ、夫婦ふたりになってみると、洗濯物の量は激減するし、食事のしたくや手間は同じでも、買物の量が変わります。結婚以来4人分→3人分→2人分となったわけで、野菜もこれまでのつもりで買っていると、野菜が傷んでしまったりするので、小分けしたものを買わないと不経済になってしまいます。そんなことを思って二人分を作っていると、娘から「今日早く帰れそうだから、ご飯食べにいってもいい?」とLINEが来て、慌てて料理の品数を増やしたりするわけですが、これまでだと面倒だなあと感じたりしたことが、毎日二人きりの生活が続くと、娘の実家帰りは大歓迎になります。別に特別なご馳走を作るわけじゃないけれど、なるべく野菜豊富で栄養を考えて作ってあげようという意欲がわいてくるから不思議です。

 

これまで人生いろいろとあったけれども、これからは、人間本来の生き方にもどっていくような気がします。ちゃんとご飯を食べる、ちゃんと睡眠をとる、ちゃんといい関係で家族を見守る、ちゃんと季節を感じる生活をする・・・ような。そういうことを心がけながら、1日1日を大事に生きて、何かあったとしても、とにかく笑顔を忘れずに生きる。そんな普通で当たり前の生活が続いていけばいいなあと心から思います。

母がどうしてもやりたかったこと

母が寝たきりになって、美容院にも行けなくなり、それまで染めていた髪がだんだんと伸びて根元からほとんどが白髪になったとき、ある日私は母の髪の毛の白髪部分を残して染め残しの汚い毛先部分をカットしてあげました。すると母はもともと若白髪でしたので、本来の髪の毛はすっかり真白になり、まるで外人のように綺麗な美しい銀髪ヘアーになりました。そんな母の髪の毛を見て周囲は皆きれいになりましたねとほめていたのですが、当の本人だけは、その真白な髪の毛を認めようとしませんでした。

その日以来ずっと母は鏡を見るたびに小さな悲鳴をあげては、白髪ヘアーを嘆き悲しむようになりました。けれども、日にちが経てば、さすがにそれも見慣れるだろうと私たち家族は気楽に考えていました。

しかし、認知症が進行してきた母にとって、今がいつなのかがわからなくなっていたため、まだ仕事をしていると錯覚することも多かったので、鏡を見ては「こんな髪じゃひとに会えない!美容院に行って髪を染めなくちゃ!」と、毎日何度も繰り返して言うようになりました。

とはいえ、一度は介護認定4にまでなってしまった母、歩けるようになったとはいえ、家の中だけで玄関から外へは出なかったし、また部屋では常に横たわってお布団の中に入っている生活でしたので、美容院に連れて行き髪を染めるなんてことは体力的にも無理だと思っていました。また、毎日着たきり寝たきりの91歳の母が髪の毛を黒く染めるなんて無駄だと思っていました。折しもグレイヘアーなるものが流行り、これはいい風潮だとばかりに、私はグレイヘアーの素敵な芸能人の写真を部屋やトイレに貼って、母に髪の毛は染めない時代になったことを伝えようとしました。

しかし、そんな外部からの情報は、髪の毛を染めたい一心の母の脳裏には焼きつきませんでした。

 

f:id:poremoto:20190219234303j:plain

とにかく、母は、どうしても髪の毛を黒く染めたかったんですね。兄嫁が目を離したすきにお金も持たず近所の美容院にシルバカー押しながら行ってしまいました‼︎兄嫁からLINEが来て「すっかり綺麗になった!」と写真が送られて来た時は驚いたのなんのってまじ?ってなりました(笑)

カットして染め終わるまで2時間もかかったので、美容院から連絡が入り兄嫁が迎えに行き家に連れ戻った母は、疲れすぎてずっとそのまま眠り続けてしまったそうです。そりゃそうですよねえ。普段、動かず椅子に長らく座った状態でいることなんてありませんから。しかし、91歳の母の生命力を感じました。

母にとって、髪の毛が黒い状態でいることが、心の安定だったようです。母の身近にいる家族はそのことになかなか気づけなくて型にはまった考えでいたのを、ちょっと離れた場所にいる夫の方が、母の生き方を理解し、鷹揚にかまえて見守れる優しさを持っていたのには、ちょっと感動しました。

 

 

 

 

夫のグッジョブ!

今年は結婚15年目を迎えるので、ぽれぽれファミリーの家族も同居してから同じく15年になります。一緒に暮らし始めた時、娘は16歳、息子は14歳。今から思うとずいぶんと子供が多感な年頃の時に再婚したものです。しかし、夫や夫の家族にも支えられ、子供たちは何の心配もなく学業に専念し大学まで行かせてもらい、本当にありがたいと思ってます。

そんな家族4人を振り返りながら始めた4コマ漫画ですが、数年前に娘が独立して出ていき、そして今年は息子が出ていくということで、この「今日もぽれぽれ」の漫画はこの先どうなってしまうのでしょう?「夫婦ぽれぽれ」にすべきなのか、「老後ぽれぽれ」にすべきなのか?

 

そして、息子はまもなく29歳。地方に住んでいたら大学進学時から親子別々の暮らしになるわけで、家を出ていくということは全然たいしたことではないのですけれど、夫はやたら「寂しくなるなあ」を連発します。そして、「君もいざ息子が出てしまったら寂しくなるよ」を繰り返します。とはいえ、家の細々としたことをやる身からすると、洗濯やご飯づくりの量が減るわけですから、いい面もあるのではないでしょうか。うちには、とても手のかかる夫がいますので、本格的に寂しくはならないのではないかな〜なんて思ったりして。

さて、家を出ていこうとする息子に夫が援助してほしいことはある?とやさしく声かけをしたようで、そしたら息子が冷蔵庫を買ってほしいとラインで夫に伝えてきたようです。

f:id:poremoto:20190205184208j:plain



夫が感傷的な気持ちもありつつ息子に冷蔵庫代にとお金を手渡したその直後に、私が生活費を取り立てたので、僕のお金をまきあげないでと夫に言われてしまいました(笑)

 

そういえば、息子が中学3年時にバドミントン部の合宿に行った時、その合宿から戻って来てしまったことがありました。その時「お母さん、もうバドミントン部はやめたいんだけどいい?」と悲しい声で相談されました。入学時にもし部活をやるなら3年間は続けることという約束をして入部させたので、私としては残念に思いました。そして、合宿費もそれなりに高額だったので、辞めてもいいけれど合宿費はおこづかいから返してねと返却を求めたことを思い出しました。

後に息子はあの時の退部の精神的ダメージより、母親の「金返せ」の一言のがショックだったそうです(笑)ま、結局合宿費は半分戻って来たので息子は全額負担せずにはすんだわけですが、私を恨んだそうです(笑)

とはいえ、私は息子に親が働いて稼いだお金というものの大切さを返却というペナルティーを与えて教えたかったのでした。

 

さてさて、夫のグッジョブで、息子は新しい住まいで使う冷蔵庫を手にしたわけですが、これから無駄遣いすることなく、そして何よりもひとりでなんでもできる、そういうひとになれるでしょうか?間違っても、身近な「困ったちゃん」のようにならないでもらいたいです。炊事、洗濯、掃除、どれも、ちゃんとできるひとになってくださいね。

 

 

 

これじゃ食堂だよね

毎日夕飯の献立を考えるのは大変。

そして作ったとしても、少しずつ残ってしまったりします。我が家はもともと四人家族だったので、ついその分量でこしらえてしまう私。でもまあ、残っても味がしみて、さらに美味しくなるものもあるので、それはそれでいいのですけれどもね。

昨日の日曜日は、私が外出先から戻り、今日は残り物ですませようと思っていたところ、夫が戻って来てご飯、次に実家ご飯をあてにして娘がやってきて、最後に息子が外出先から戻りと、五月雨式に夕飯の準備をしてました。ま、残り物だから、手間はかけてないのですけれども、次々とご飯の用意をしていたら、あれ?このシーンって、なんかあれに似てない?ほら、新宿が舞台の漫画!

ということで、今日の漫画です。

f:id:poremoto:20190204143910j:plain

そうそう、これじゃあ『深夜食堂』みたいだと思いませんか?自分で想像してたらおかしくなって、思わず絵に描いてみたら、このマスターの姿ね、私の古武道の時の道着じゃん!今度、この格好をして夕飯つくってみる?描いていて、自分で笑ってしまいました。

 

ところで、世間では一度作って食べた夕飯をもう一度出すなんて、当たり前ですよね?それなのに、うちの夫は、「え?これ、この間食べたやつでしょ?大丈夫なの?」って、もうあなたってどこの国の王子よ!(笑)

しかし2度目の料理は、まだそのまんま出しても許されるけれど、さすがに3度目は許されないですよね。そんな時は私がせっせと昼間に片付けるしかなく、おでんとか、大量にできてしまうものは、ほんと、大変です。

深夜食堂の漫画のすごいところは、客の注文に応じて、その都度作っているところです。うちの場合はよく考えてみると、残り物食堂でしたね。

でもね、そうやって、お料理を作ってくれるひとがいるって、本当にありがたいことなんですよ。文句を言ったらバチが当たります。最近はコンビニめしもそこそこ標準化されて美味しいけれども、いろんな添加物が入っています。家で作るものはそういったものを極力使わないようにしているから、安心、安全、そして安価なのです。

私は大人になってから家で誰かに夕飯をこしらえてもらったことはないので、仕事から帰って「わあ、今日は○○なんだあ〜」という経験はありません。もし誰かがおうちご飯をつくって待っていてくれたら最高に幸せな気がします。

胃袋が満たされることは、幸せに直結しますよね。

ごくごく普通のメニューであっても、家庭料理というのは家族に愛情が伝わります。「食」って大事だなって思いますよね。

 

 

 

暗示にかかってる?

世の中には暗示にかかりやすい人とそうでない人といますよね。

「暗示」とは、「他人の心に無意識のうちに、ある観念を与えるような刺激。」だそうです。私は暗示にかかりやすいタイプですが、そういえば、息子も暗示にかかりやすかったなあと、笑ってしまったことがありました。

たいていはネガティブなことでの暗示が多いように思うのですけど、中にはポジティブに暗示にかかる人も。夫は、間違いなくそっちですね。

ということで、本日の漫画はまたもや我が家の男どもについて。

f:id:poremoto:20190202062553j:plain

このつむじ押すと便秘になる、なんて息子から聞いて初めて知りました。

息子が「つむじを押される=便秘」に真剣に怯えていたので、娘も私もなんかおかしくて、ついからかいたくなり息子のつむじを押してしまいました。すると、「やめろー」と怒るものだから、それがまたおかしくて、また隙あらば押したくなってしまうのでした。

夫は、学生時代は髪の毛がふさふさしていたので、年齢とともに心もとなくなってきた毛髪に対して、敏感になってきました。といっても、ほんと、つい最近のことですが。ダンディーな夫がヘアマッサージブラシで頭皮をいたわっている姿は真剣そのもの。最初の頃はオヤジもやっていたと言って毎日たたいていたのですが、実は逆効果なんですよね。なんでも頭皮をたたいて血行を良くすると、男性ホルモンのテストステロンの働きが促進され、ホルモンの働きが高まって抜け毛になりやすいとも言われているんです。あーら大変ということで、夫がトントンしているところで、妻は親切なアドバイス。でもね、薬用のヘアケア製品をつけて頭皮を刺激し、最近はわずかながらちゃんと生えてきたようです。私にこれまた真剣に生え際を見せてくれるのですが、こういうのって本人以外にはわかりにくいものですよね。

ま、ようするに暗示にかかってでも、よい結果になればOKということです。

 

ところで、我が家の男どもは、ものすごーく真面目で冗談を言うと確実にすべります。10言ってひとつ受けるか、受けないか?くらいの確率ですね(笑)血はつながってないというのに、その点について、夫と息子がよく似ているのがとっても不思議。

でも、こうやって漫画を描き始めて思ったのですけれども、ふたりとも冗談はすべっても、言動は面白い!それも真剣であればあるほど、なんか愛らしいのです。

これは、人徳でしょうね。

私や娘はどちらかというと小憎らしいタイプなので、夫や息子のようにクスっと笑ってしまうような言動はとりません。多分。。。。(そう思っているだけ?)

 

ところで、こういうどうでもいい日常の話題は日記にも留めていませんが、こうやって漫画に描いてみると実に愉快ですね。今日もおつきあいいただきましてありがとうございました。 

 

 

使えないやつら

主婦にとって毎日の買物はとても面倒です。食品だけでなく、生活雑貨の細々としたものまで、買物リストは常に頭の中にあったりするものです。

この店で買いたいというこだわりの品、とにかく安ければ助かるという品、店独自のポイントを貯めている品、欠品に気づき急いで買いたいという品、重たいからアマゾンで買ってもいいかという品、etc.色々と頭の中で買物のリストは常に更新されてます。

とはいえ、私は買物に行く時、いちいち紙にリストをメモっていくことはしません。老化していく脳と戦うため記憶力を鍛えようと、メモに頼らないのです。嘘です。本当は、メモをしても、そのメモ自体をテーブルに置いて出てしまうことが多いからです(笑)

そうはいっても、毎日の買物で、主婦は予定していたものだけを買うのではなく、値段が安いものをみつけたりすれば衝動的に買いに走るわけで、そうすると、瞬く間に手荷物は増えてしまい、気づくと本来買うはずのものを買い忘れて帰って来た、なんていうことは日常茶飯事ですよね。

そんな時、頼れるのは家族!

ちょうど外に出ようとする、または出ている家族に「○○買ってきてー」と頼むと、「はいよー」って求めているものを正確に買って来てくれたら、本当に助かります。

そういう家族がいたらの場合ですけどね。

f:id:poremoto:20190129135255j:plainこれは我が家の新年早々におきた出来事。

この手のことは非常に多くあります。

夫に関しては、生活の細々としたものがどこでどういう状態で売られているかを知らないんですね。なんせ白馬に乗った素敵な王子様だったので(笑)息子の場合は、このように間違えるか、私がいうお店に頼んだものがなくて、外から「ないよ」っていう電話がかかり結局買物の目的を果たせないということがよくあります。

自分で買いにいけないから家族に買物を頼むわけですが、こういうことが何度も繰り返されると、やっぱり諦めて頼まなくなってしまいますよね。

先日、娘の住んでいるマンションを訪れた時、水など必需品の買物は便利なアレクサがアマゾンに発注してくれ、ご飯をつくれない時はUber(ウーバー)でお弁当を頼んでいると話してました。うーん、それは間違いないかも〜(笑)

しかし、我が家では、私がアレクサで、私がウーバーなんだな。まったく。。。

 

 

poremoto.hatenablog.com